2009年08月27日

夏の庭と白い骨

natsunoniwa1.jpg





■Pさんに絵を使って頂きました!
失った恋を歌うMEIKO…切ないぜ(TДT)
ゆまさんのイラストも美しいので必見です! 素敵な曲なので是非聞いてください。

使って頂いたもう一枚↓

natsunoniwa2.jpg


恋は乙女ということで、いつもよりも1.5倍のまつ毛量でお届けしておりますw
光の透明感目指して描いてみたんだけど、水彩っぽいのは難しいですね。精進。
posted by コチニール at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵・まぜこぜ | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

姉さん、大変です!

数日前の朝、こんな事が……


mjd1.png


そりゃもう、ビックリして一気に目が覚めたのなんのってw
リアルに「mjd!?」と叫んだ。
そして、「これは…寝起きドッキリだ、孔明だ! きっとそうに違いない!!」と信じ込み二度寝したw


……残念ながら、現実でしたが_| ̄|○ il||li
 ( ;´Д`)<いやぁぁぁぁぁー!
マジ逃げてぇぇぇぇ!
超逃亡してぇぇぇぇぇぇぇぇ!!
 
 
【この事を仲間に…】
posted by コチニール at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | ボヤキ | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

七姫幻想

Pixiv七夕企画用の絵、完成!
本当はもう少し手を加えたいような気もするけど、時間がないから完成と言うことで。

七姫幻想〜秋去衣〜





森谷明子著『七姫幻想』より、「秋去衣」の章の二人のイメージ。

「七夕の七姫」と「衣通姫伝説」を絡めて語られる物語です。
「秋去衣」とは、七姫の「秋去姫」から。秋の衣を織るという姫で、七夕の棚機津女(たなばたつめ)の事を指しています。
ちなみに、「七夕の七姫」とは織姫の七つの異称↓のこと。季語に使われます。

 【七夕の七姫】
  秋去姫 薫物姫 ささがに姫 百子姫 糸織姫 朝顔姫 梶の葉姫


『棚機津女』とは、古事記に載っている、神の衣を織る娘だそうです。
巫女であり、旧暦七夕の日に人里離れた水屋で御神衣を織りながら、夫である神様をひとり待ちます。
訪れた夫神は、娘の村に豊穣をもたらし、穢れを持って去っていくのだとか。

そういえば、神話のコノハナサクヤヒメも、夫神であるニニギノミコトと出合った際、海辺で機を織っていたりします。
機織って、神事と絡んだ話が多いですね。


『七姫幻想』、面白いです。
名の通り、七つの話のオムニバス小説で、それぞれの話の人物が少しずつ機織の糸のように絡み、七つの物語を紡いでいきます。

一番印象が強かったのが、絵にした「秋去衣」の話。
闇と秘密と秘められた恋の物語で、衣通姫の伝説と深く絡んでます。
強かな娘の物語で、稲妻みたいに強く閃くも、次の間には消えていた……そんなお話です。

七つの話の中では、この話と「朝顔斎王」の話が好きです。
「秋去衣」とは対照的な話で、恋に天然な斎王が可愛いw
でも、どちらの話も姫は強かで素敵だったりします。
 
 
【ボヤキー】
posted by コチニール at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵・まぜこぜ | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

描いてます

7hime0.jpg

今、七夕絵を描いてます。
Pixivの公式企画用の絵なんだけど、なんというか……趣味全開ですw
素肌とか、ftmmとか、絡みとか、刃物とか。
ftmmはいいよ〜。鎖骨もいいよ〜。
正にε=\_○ノ イヤッホーゥ!だねっ!!

刃物構えてるだなんて、何やら穏やかでない絵なんですけど、ちゃんと『七夕』と絡んでます。
実はこの絵、元となる話があっての絵で、『七夕』と『ある伝説』を絡めて創られた話の感想画にあたります。
Pixivで七夕企画を見た時から、絶対これを描こうと決めてました。
どんな話なのかは完成してからのお楽しみで…。

さぁ、一週間以内に完成させるぜ!
(`・ω・´)b
posted by コチニール at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵・まぜこぜ | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。