2009年06月22日

和洋折衷

kabuki.jpg

先日、知人からチケットを頂きまして、歌舞伎を見に行ってきました!
という事で、その感動を込めて落書き。
演目は、祇園祭礼信仰記「金閣寺」。名の通り、金閣寺を舞台にしたお話です。
(話の内容は、コチラ↓が詳しいようです)
 http://kairos.web.infoseek.co.jp/kabuki53.htm

とにかく華麗で豪華。衣装も美しいし、金閣寺も美しい。演技も舞台も見応えがありました。
観てて驚いたのが、舞台上で役者さんがサーカスみたいに飛んだり跳ねたりする事。歌舞伎って、足を踏み鳴らしたり、ゆっくり舞ったりするだけじゃないのね。

自分の画力では伝わらないだろうけど、敵役の大膳(絵左)が勇ましく恰好良い! そして雪姫が哀切に満ちて美しいこと。とても中身が男性だとは思えない仕草の可憐さといったら…!
本当に素敵な時間を過ごさせて頂きました。





hb.jpg

MEITO+KAITO+MEIKO。
友人の言う『MEITOとKAITOでHB』な話が、あまりにも楽しくツボに填まったため、勢いに乗って落書き。
話を想像したら面白すぎて、自分も作業中断したw

主役はメイト。酒と煙草と銃を愛し、生き別れた姉を探してるとかなんとか。今は一匹狼で、色々な街をさすらってるとかだといい。
で、カイトは一見穏やかそうに見えて、実は銃を手にしたら性格が豹変する性質の悪い腹黒男……というか、絵がモロ悪役ヅラw
そして、メイコはヒロイン。怪しげなバーで歌ってる妖艶な歌姫とかそんな感じで決まってる。だけどその実態は……!?――


――とかいう感じだったら楽しいw
勿論、全部妄想だがwうははwww

ま、いつもの妄想産物だから、気にするな。
posted by コチニール at 07:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 絵・まぜこぜ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだかそれ、歌にしたら面白そうですね。
ちょっと考えてみようかな。
Posted by asm at 2009年06月22日 12:18
asmさん>
メイコが、争う二人の男の顛末を色気たっぷりに歌う……とか?
そういうのもいいかも!

ただ、案の大元は私のものじゃないので、使うとなると友人に聞いてみないと…。
もし、乗り気になった時は教えてください。聞いてみますので〜(^▽^)ノ

かく言う自分は、この妄想を更に膨らませて小説を書いてみたいですw
Posted by コチニール at 2009年06月26日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121978356
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。