2009年12月06日

金の入日に手風琴【12/11追記】

kinno01s.jpg



一ヶ月遅れたけど、MEIKOおめでとう!
■Pさんとの合作で、MEIKO生誕祭2009に参加しました!
今回は前回のKAITO誕生日以上に、力を込めた事は言うまでもないですw
そして力を込めすぎて、遅刻したのも言うまでもなく…_| ̄|○
本当にごめん!

曲は、アコーディオン抱えたMEIKOが影絵の街を彷徨う……そんな歌です。
妖しくも切ないこの世界観、是非聞いて下さい!!


金の入日に手風琴 powerd by ピアプロ
 
 
※【追記】12/11※
動画、ご覧頂き本当にありがとうございます!!
せ、宣伝が付いてる!Σ(・∀・;) おおお恐れ入ります恐縮です!!
あのすいません、嬉しいです! 本当にありがとうございます!


あと、歌われた方が沢山いらっしゃるとのことで!!
マイリスからのご紹介でスミマセン。本当にありがとうございます!



楽曲が色々な人に愛されてて嬉しい♪
そして、凄いよshikakuさん……!
 
 
 
イラスト公開、遅くなりました。ごめんなさい!
 
 
以下は、『金の入日に手風琴』PVに使った絵です。

今回は、場面を描いて並べるというよりも、色々なパーツを作って映像作るときに組み合わせた感じなので、個々では「イラスト」と言い難いものが多いです。
ちなみに、動画はAdobePremiere4ELで制作。
ビデオライン11段。トランジジョンとエフェクトを多数使用しています。
(だから、Premiereのプレビューがめっさ重くて、ビックリするほどカクカクだったよ!)

あと、絵と共に制作時のことや、ちょっとした感想なんかを書いておきますね。
ただし、私個人による解釈を含みますので、ご注意! 楽曲のイメージを固定するものではないことをご理解下さい。
(でも、なるべくPさんが持つイメージに近づけているつもりではあります)
楽曲やPVの解釈は、各個人でご自由にどうぞ♪

絵だけをご覧になりたい方は、文章はスルーの方向でお願いします!
 
 
 
kinno-ani.gif 
 
冒頭や日時計、幻燈機前の黒サブリナメイコ。
アニメーションは実は5枚で構成。以外に少ない。

 『五色の幻燈がゆらめく影絵の街』
 『大正・昭和ぐらいの日本から見た異国情緒っぽい感じ』
 『黒い衣装でサブリナパンツのMEIKOが片手にアコーディオン下げてる姿』


というイメージを、最初に■Pさんから教えてもらい、異国少年風MEIKOが誕生。
『影絵』→「児童文学」→「子供」という脳内イメージがあったので、最初は頭身低めの子供の姿でした。欧州の街角でアコーディオン弾いてる、12歳くらいの少年っぽい感じで。
でも、後に歌詞の雰囲気と声音に合わせ、今の姿に成長しました。


で、「影絵の街なら、影のMEIKOもいるんじゃない?」と思いつき、セーラーメイコが誕生。
kinno-ura.jpg

少年風に対しこちらは少女風。どこか対比っぽく作るのは私のクセです。
思いついた時に、頭にリボン巻いてコットンワンピを着ていたので、自分は勝手に「オトメイコ」とか呼んでましたw

で、「この二人が影絵の中で追いかけっこをしている」という話をしたところ、
「サブリナMEIKOと黒ドレスMEIKOの二人が背中合わせに座ってる」という話になり、
やがて、今のセーラーメイコの形になりました。

髪の分け目がサブリナと逆なのは、足元に映る影のイメージから。
影も鏡と同じく、左右裏返しなので。
(でも、動画中では必ずしも全てがそうでなかったり(;´∀`)アバウトです、ごめんw)
 
 
kinno07_omote.jpg kinno07_uraup.jpg

横向きポーズ。
サブリナメイコが3種、セーラーメイコが2種。
本体、影、白影、シルエット抜きがあり、動画中多用してます。


kinno02.jpg

互いに振り返り。
最初の出会い。
 
 
 
そうそう!
動画のコメで「大正?」と言われていた方……当たりです!
二人の服装は、その頃を意識して描いています。アール・デコや、モボ・モガの時代とか。
タグ[VOCALOID大正浪漫]、ぴったりでした! ありがとうございます!!
 
 
 
kinno04-base.jpg
 
幻燈機のカラーイメージ。動画未使用。
ラフで扇形の影絵スクリーンを描いていて、それが進化しました。
歯車は個人的趣味。いいよ、アナログ。オルゴールや時計の機械部分とか萌えるwピアノーラとかも憧れる。
 
 
kinno04-omoteSB1.jpg kinno04-uraSB1.jpg
 
 
動画では、幻燈機は、光版と影版の二種類↑を使っています。
また、歯車部分がくるくる回ってます。↓こんな感じに。

gear-ani.gif

歯車アニメ(200フレームのみ・速度遅め)
気に入ってます。歯車萌えるw
時間があれば、背景の影絵部分も動かしたかった。
 
 
 
kinno03.jpg

kinno05.jpg
 
影絵の街並み。
白黒で描き、白部分だけを100%透過に変換。
SAIの『輝度を透明度に変換』機能が、すごく便利でした。
動画内では影絵っぽく透明度70〜90%くらいで表示しています。
 
 
 
kinno02-moon.jpg

kinno02-sun.jpg

壁の日時計。
最後までデザインが決まらなくて、一番困った場面。
欧州では教会の壁によく設置してあるそうなので、そのタイプで。
 
 
 
kinno09.jpg

ステンドグラスと鐘。
「異国の鐘はニコライ堂イメージ」と■Pさんから言われていたので参考にしています。
ステンドグラスは、バラ窓等の資料を見ながら作成。
ステンドグラスの光の影って、綺麗で好きです。

動画では、鐘は単独のラインで動いています。
位置調整が難しく、背景の速度を変えると、鐘が横縦にずれて、よく鐘楼から落っこちていましたw落ちる様は、何ともシュールでしたw
 
 
 
kinno06-1.jpg

kinno06-2.jpg


水銀灯と二人。黄昏時を照らします。
■Pさんの「背中合わせ」の言葉と、『東亰異聞』(著:小野不由美)の闇と街灯を見た、平河の言葉をふと思い出して。
 
 
 
kinno01+.jpg

kinno01-mono.jpg
 
 
ラストサビ部分の、イメージイラスト。モノ・カラー・カラー+αと三種類ありました。
クリックで原寸サイズ。大きいです。
カラー+αは、Pixivに原寸サイズで投稿しています。


 
 
 
イラストは以上です。
ご覧頂き、ありがとうございました!
『金の入日に手風琴』、もし、聞いていない方がいらっしゃいましたら、是非聞いてください。
とっても素敵な曲ですよ!
MP3をお探しの形は、PIAPROのshikakuさんのページからどうぞ。
 
 
 
 
【余談】
 
 光が射すから、影が宿る。闇が在るから、灯りが見える。
 『影絵』とはそういう原理があって、見ることが適うもの。
 故に、闇のみでは『影』は見えず、光のみでは『灯り』は意味を失う。
 光の中の影で己の形を知るように、『光と影』とは、
  形を近似とし、存在を異とし、常に対となりて在るものである。



これが、今回のPVの主軸にあります。
『光』と『影』という、二つの状態。二つの存在。心の在り様もまた似たりけり。
だから、影絵の世界では「失くしたものは見つからない」んじゃないかな……とか。
個人的解釈ですが。

そもそも、「失くしたもの」とは何なのか……?
その辺りを突き詰めて、歌詞と楽曲を解釈してみると、楽しいかも!
posted by コチニール at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | VOCALOID | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。